確定申告で住宅ローン控除の申告…意外と難しくないんです!

住宅ローンを利用すると、住宅ローン控除を受けることができるという話を聞いたことがあるけど、なんだか大変そう…。
特に初めて確定申告で、住宅ローン控除を申請する方からすると、そう思ってしまいますよね。
書類を作成しなければいけないし、おまけに必要な書類も集めなければいけない…。
税務署に提出するということも考えると、何だかより大変そうに感じてしまう方もいるのではないでしょうか?
ですが、意外とフタを開けてみると、案外手順に従って取り組んでしまえば、そこまで難しい手続きではありませんよ!
では、そんな住宅ローン控除に必要な場合の確定申告の書類は、どのようなものが必要なのでしょうか。
源泉徴収票(会社員などの方の場合)、住民票の写し、住宅ローン年末残高証明書、建物・土地の登記事項証明書や不動産売買契約書(請負契約書)の写し、(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算証明書、そして忘れてはいけないのが確定申告書(A)です!
ちなみに、この他にも一定の耐震基準を満たす中古住宅の場合は、耐震基準適合証明書もしくは住宅性能評価書の写しが必要となります。
認定長期優良住宅や認定低炭素住宅の方の場合も証明する書類が必要となってきます。これらに当てはまる方の場合はこの書類も必要となってきますので、用意を忘れないでください。
必要な書類をそろえてしまえば、あとは確定申告(A)にサクサクと必要事項を記入するのみです。
もちろん手書きでも可能ですが、パソコンでも作成可能なので、自分に合った方法で取り組んでみましょう。
万が一、確定申告の記入方法がわからない…という場合でも、ネットでもわかりやすく説明をしているサイトもあるようなので、問題なさそうです。
ちなみに、これらの書類は税務署に提出するわけですが、意外と時間がなく、直接税務署に提出することができない…という方もいるかと思います。
最近では直接税務署に出向かなくとも、書類の郵送やe-taxと呼ばれるインターネットでの申請でも済ませることができるので、自分にぴったりな方法で確定申告を済ませるとよいと思います。
そうすることで、より効率よくサクサクと確定申告を済ませることができますよ。
ただ、当然ながら、確定申告は書類の不備(記入漏れや、足りない提出書類があるなど…)の場合はやはり受け付けてくれません。
ですから、スムーズに手続きを完了させ、還付を受けたいと考えているのであれば、しっかりと提出する際のミスは防ぎたいものですよね。
一度書類が完成したのなら、添付書類と合わせて再度確認し、チェックを怠らず提出することも忘れずに、スムーズな確定申告の申請を行いたいものです。
なお、途中で住宅ローンの借り換え(http://www.mortgage-pro.info/)を検討するようなケースもあるかもしれません。
借り換えを行ってからも住宅ローン控除を継続するには、借り換えた住宅ローンが返済期間10年以上、控除を受ける年の合計所得が3000万円以下といった要件を満たす必要があります。
借り換えを行ったら、借り換え後の年末残高証明書と住宅借入金等特別控除証明書(この2つは借り換え先からもらえます)と源泉徴収票を税務署に提出します。借り換えの最初の年だけは自分で税務署での手続きを行わなければなりませんが、翌年からは会社での年末調整で済みます。

lexington law review

未分類

外国人が住宅ローンを使うには

外国人が日本で家を購入する場合、住宅ローンを使うことができます。
ただし条件がいくつかあり、日本人よりもハードルが高いことに間違いありません。
それぞれの金融機関により、多少の違いがありますが、おおよそ以下の通りです。
日本国籍があること、日本国籍がない場合は永住権を持っているかどうかが重要です。
債務つまり借金の状況や、担保の有無も関係があります。
日本に何年住んでいるか、また今後どのくらい住み続けるのかも問われます。
日本での勤務先の雇用形態と、雇用年数も関係があります。
配偶者が日本人だと審査が通りやすいとも言われており、入籍から7年以上経っているとより条件が良くなります。
日本人の配偶者との間に子供がいるかどうかも関係があります。
また、日本語でコミュニケーションが取れるかも、審査の条件に含まれています。
残念ながら、永住権がない外国人が住宅ローンを借りるのは、難しいでしょう。
外国人に対して冷たいようですが、何十年もかけて金銭のやり取りをする契約なので、仕方がないことかもしれません。
日本国籍を持っていても外資系企業に勤務している場合や、日本での勤続年数が少ないと難しい場合もあります。
どうしても住宅ローンを必要をするのであれば、母国の金融機関の日本支店に相談するが良いでしょう。
母国の金融機関に口座とお金があれば融資してもらえることがあります。

未分類

マンション売却時の税金について

マンション売却を行うと利益が出ることが多いですが、その分様々な税金を支払わなくてはならないこともご存知でしょうか。
その反面、税金が控除される場合もありますので、そのような知識は事前に把握しておくことが必要になります。
マンション売却にかかる税金として、印紙税というものがあります。
これは、売却する時に不動産売買契約書に印紙を貼ることで発生します。
印紙税の金額は不動産売買契約書に書かれている金額によって変わってきます。
また、所得税もかかります。
所得税の場合には、マンション売却で利益が出た場合に発生します
つまり、マンション購入時よりも高い金額で売却することができた時です。
しかし、一定の条件を満たした上で3000万円までの利益でしたら、特別控除として税金が控除されます。
控除を利用する場合には、事前に条件を確認しておくようにしましょう。
また、マンション売却には住民税もかかってしまいます。
これは所得税と同じで、売却時に利益が出た場合のみになります。
そして、所得税と同じように特別控除を利用することが可能になります。
マンション売却時にはこれらの税金がかかってしまうことを踏まえておき、急な出費にも対応できるように計画性を持って売却を行うようにしましょう。

未分類

住宅ローンの種類について

住宅ローンを借入先の種類で分けると、「公的融資」、「民間融資」、「フラット35」の3種類に分けられます。

まず住宅ローン、と聞いてすぐに思いつくのは銀行ローンです。
銀行ローンは金利タイプによって様々な種類に分かれており、選択肢が豊富なのが特徴です。
各銀行で多数の商品が提供されているため、自分の条件に合わせて自由に選べます。
銀行ローンは、先ほど上げた3つのうち、民間融資に入ります。
次に、住宅金融支援機構や地方自治体が運営する財形住宅融資は、勤労者だけが利用できる、唯一の公的融資です。
ほとんどの住宅ローンは実際に融資が行われる時点で金利が決まります。
なので、ローンを申し込んだときよりも適用される金利が上がっている場合がありますが、住宅財形融資は、申し込み時点で金利が決まるので、資金計画を立てやすいという利点があります。
また、2015年7月から、子育てをする家庭は、財形住宅融資の金利が0.2%引き下げられるようになりました。
フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して行っている、長期固定金利住宅ローンです。
長公的融資と民間融資の中間のような性質で、返済計画が立てやすいのが一番の長所ですが、金融機関によって金利がさまざまなので、フラット35を扱う金融機関を比較することをおすすめします。

未分類

マンション売却で引っ越しするときは

自宅マンション売却をするときには、引越しのスケジュールもしっかり考えておく必要があります。
もし、既に新居が決まっているのであれば、先に引越しを完了しておくことができるので問題はないのですが、新居の入居日が予め先の日付で決まっているときにはマンション売却もその予定にあわせて行わなければなりません。
最初にやっておかなければならないこととしては、仲介を依頼した不動産会社に自分の引越し予定日を伝えることです。
この情報が伝わっていないと、マンション売却がうまくいったとしても最悪の場合には一時的に賃貸を借りて引越しをしなければなりません。
無駄な引越しをしないで済むためには、事前の計画がとても大切です。
そうはいっても、マンション売却は購入してくれる人がいてこそ成り立つものですので、希望の価格で購入したいという購入者が現れて、すぐに引っ越ししたいという場合もありますので、実際には計画通りにはいかないこともあるのが現状です。
さらに、計画通りにいかない可能性が高くなる状況としては、自分も購入者も住宅ローンを申し込んでいる場合です。どちらかの進捗が遅れたり、住宅ローン審査が希望通りに進まなかったということで、調整が難しいこともあります。

未分類

住宅ローンで分からない部分がある場合は

住宅ローンでわからない部分がある場合、そのままにせずに早い段階で担当になっている不動産業者に声をかけて、相談に乗ってもらうようにしましょう。
どれくらいの金利手数料になるのか、それくらいは最低でも伺うようにしておきたいところです。
最終的にはどのくらいの金額を支払うことになるのか、合計金額などを計算してもらったほうが良いでしょう。
返済プランをきちんと立てる必要があるので、担当の不動産業者とマンツーマンで間違いのない住宅ローンを作るようにしておきたいところです。
住宅ローンの毎月の支払いが現実的な金額かどうかと言うのを見定めるようにしておきましょう。
いまいちよくわからないところそのままにしてしまうと、手詰まりになってしまうことも多々あります。
そういったことにならないようにするためにも、前もって住宅ローンで分からない部分があるなら、早い段階で鮮明にしておいた方が自分のためでもあるでしょう。
銀行からお金を借りた時は、もしくは一般的な消費者金融会社からお金を借りたときなど、そういった状況の変化によっても様々なわからないところと言うのは出てくるはずです。
その不明のポイントをそのままにせず、すぐにはっきりとさせておきましょう。

未分類

住宅ローンの審査申込における必要書類について知ろう

住宅ローンによる融資を受けるには、事前審査と正式審査の2つの審査を通過しなければならず、どちらの審査においても申込を行う際には申込書以外にも金融機関から指定された必要書類を用意しなければなりません。
最初の段階にあたる事前審査における主な必要書類は、免許証やパスポートなどの本人確認書類、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書類、住宅ローンを組んで購入する不動産に関する登記事項証明書やパンフレット類、建築確認済証、土地公図となっています。
ただし、他所でお金を借り入れている場合や借り換えを行う場合は、これらに加えて残高証明書と償還予定表の提出も求められ、連帯保証人や担保提供者がいる場合はその者の身分証明書も必要となります。
必要書類は正式審査の段階になると更に種類が増えます。
まず、事前審査で提出した書類はすべて再度提出しなければなりません。
その上で、本人確認書類として印鑑登録証明書と住民票を、収入証明書類として住民税決定通知書や課税証明書、所得税の納税証明書などを用意し、購入物件に関する資料としては売買契約書や重要事項説明書、検査済証などを用意しなければなりません。
住宅ローンの申込時の必要書類は、基本的には申込先の金融機関からの説明通りに揃えれば問題ありませんが、特殊なケースだと他にも書類の用意をしなければならないので、金融機関の担当者とはよく相談してから準備にとりかかるようにしましょう。

未分類

ゼロ金利政策で、注目すべき投資信託とは?

ゼロ金利政策とは、各銀行がお金を融通しあう金融市場での金利をゼロにする施策のことを言います。
そうなると私たちに影響が出てくるのが、定期預金などの金融商品の金利もどんどん小さくなってきて、利息に期待できないという事態です。そこで注目されるのが投資信託です。
投資信託とは、株や債権、通貨など様々な金融商品に投資するファンドマネージャーにお金を託して運用してもらう商品です。
株や通貨などの投資の知識がなくても、手数料を払うことによって運用会社が資金を運用して、利益を得ることが目的となります。
ゼロ金利と言うことは国債などの債権の利率が極端に小さくなるので、日本国内であれば海外と貿易を行っている企業の株式や、外国の株式や債券などが投資信託のポートフォリオの内訳となります。
債券は利率が小さいものの比較的安全で手堅い商品ですし、海外の株式の場合は安全性は高いとは言えませんが大きく利益を得ることも出来ます。
投資信託は信託商品そのものの値段が上がり、それを売却することで売却益を得ることも出来ますし、保持していることで分配金を得て利益とすることも出来ます。
その信託商品の性質は目論見書と呼ばれるいわば説明書のようなものの中に詳細に書いてあります。
ゼロ金利政策を実施している昨今、資金の一部を投資信託に回してみるのも、財産運用の選択肢の一つと言えます。

未分類

リフォームの住宅ローンというのは

リフォームにも、色々と住宅ローンがあります。
つまりは、家を買うことのみが住宅ローンの使い道ではないわけです。
リフォームにも色々とありますが、それでも十分に使えるようになっています。
住宅ローンの良いところは、一括で支払うことができない金額を借りる点にあります。
さすがにいくらでも、ということではないですが、リフォームも物凄い金額になる場合があります。
その時にこの金融サービスを使えるのであれば、非常に便利であるのは確かです。
住宅ローンで借りることができる指標があります。
その一つが、四倍という数字です。
これならば、十分に返済できる金額になる可能性が高いです。
あくまで可能性ではありますが、それでも良いことは確かであり、一つの指標になるのは間違いないといえます。
お金がかかることになりますから、慎重に決める必要もあります。
少し安い金利のところがあればそちらに借り換えるのもよいでしょう。
しかし、それでもどうしても手数料がかかることになります。
そこが難しいところであると理解しておいた方がよいです。
難しいとされるのがその部分です。
特にリフォームではさすがに買うような金額にはならないですが、借り換えは面倒であり、非効率でもあります。

未分類

住宅ローンの持分に関して

住宅ローンの持分に関して言えば、例えば夫婦で住宅を購入して共有名義で持分を半分ずつとしているケースでは住宅ローンの返済も半分半分で返済していく事となります。
もちろん控除を受けるケースでもそれぞれが返済する金額の部分でローン控除を受ける状況となり、奥さんの収入が多い所であれば、当然こうした持分に関する状況も考えて住宅ローンを組む必要があります。
ローン控除は銀行の年末ローン残高の1%を控除してもらえて所得税や住民税から還付する流れとなります。
それぞれ残高が大きければそれだけ返ってくる金額も大きくなる為、まずは持分に相当する金額を色々と把握していく事も重要となります。
まずは取引を行う流れとして、住宅ローンもどちらの分配を大きく持って取引を行うかなども考える必要があります。それも奥さんが働いているケースで考えると、控除の部分でかなり有利な状況として考えられます。
半分ずつであれば、それこそ贈与税もかからない状況を考えて行く為、その時の事を考えると半分ずつで持分を行う状況であれば、それだけ有利な状況でお金を借りる事となり、住宅ローンを返済する流れで控除を受ける所まで考えてローンを組む事もお得な契約となります。

未分類
<>